Funclub申し込み    

参宮橋駅前女子とは

はじめは天も地も何もなく、世界は混沌としていました。渦を巻いていたような状態で、そこには神さますらいませんでした。
しかし長い時を経て、やがて、天と地が分かれたとき、天空に浮かぶ高天原に、突然、アメノミナカヌシという神が現れました。それに続いてタカミムスヒ、その後にカムムスヒという神が現れました。
この3柱の神はいずれも独り神で、現れたかと思うと、すぐに身を隠してしまいました。
「アメノミナカヌシ」というのは、『古事記』に登場する最初の神で、漢字で書くと「天之御中主」となります。これは「天の主の神」です。どういう神かというと、宇宙の中央に留まって世界を支配する神、つまり宇宙の根源の神のことです。ですから、現れたらすぐに目に見えない存在になって、宇宙のすべてを司る存在になってしまった、というわけです。
「柱」というのは、神さまや貴人を数えるときに使われる言い方です。神さまは「1人、2人」とは数えずに、「1柱、2柱」と数えるのです。また「独り神」というのは、男と女に分かれる前の神、つまり男神と女神の両方を備え持った神のことです。

イザナキとイザナミの誕生、地上に最初に出現した島へ天の浮橋からそこへ降りていきます。これがイザナキとイザナミの天降りです。つまり、神々の住む天空の世界から地上へ降りていったのです。ようやく男神と女神が現れたのです。

日本神話に登場する神々の中から女神を紹介していきます 日本では女神の呼称の他に「姫神(ひめがみ)」という言葉を用い、これに対し男神を「彦神(ひこがみ)」と呼称しています
日本神話に登場する女神は、美しい若い女性や、ふくよかな体格の母を思わせる姿のものが多く、大地や美や性愛を司る神は、たいてい女神となっています

日本神話から誕生しました「参宮橋駅前女子」音楽(アイドルライブ)、演劇、バーチャルLIVE、YouTube、SNS、配信アプリ等メディアでSANJOをお届けいたします!