TOPICS

幼少期からバレエ、クラシック、宝塚、劇団四季、劇団☆新感線などの舞台演劇に触れて育ち、小学生の時に参加した北村想、作・演出のミュージカルがきっかけで 役者を志す。
2015年、京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)舞台芸術学科に入学。大学では演技、殺陣、アクションなどを学びつつ、大阪の学生演劇を中心に活動を開始。2016年には「おおさか学生演劇祭」にて主演男優賞を受賞するなどし、2019年に大学を卒業。
その後、活動拠点を東京に移し、2019年TAFプロデュース「幕末疾風伝MIBURO」(市村鉄之助役)、2020年「舞台 沙也可〜海峡をこえた愛〜」などに出演し舞台経験を積み、身軽で小柄な身体性を生かして、子どものような役から、殺陣・アクションの多い役どころまで幅広く演じることが得意である。

【レッスン歴】
クラシックバレエ…9年(真美バレエカンパニー/石山バレエカンパニー) 器械体操…4年  ヴォーカル…4年(エイベックスアカデミー大阪校)   ジャズダンス…1年(エイベックスアカデミー大阪校) 剣道…3年   殺陣…3年(のべ年数)

生年月日 1997年3月16日
出身地 滋賀県
特技 バク転
趣味 読書、ダンス、音楽鑑賞
資格 剣道2段
サイズ HEIGHT:160 CHEST:75 WAIST:60 HIPS:80 SHOES:24.5

 

  • Stage

―舞台―
・滋賀県創作ミュージカル「フロタキコ」
(2006年/2007年、脚本・北村想、会場:びわ湖ホールなど)
−生徒/正義の味方/探検隊/影/バケモノ役
・滋賀県創作ミュージカル「湖の約束」
(2008年、会場:びわ湖ホールなど)−友達/魚役/ムカデ兵役
・東洋企画「太陽の塔の四つめの顔を見たことがあるか」
(2015年11月、会場:旧立誠小学校講堂)
・劇団コケオドシ「水底平家」
(2016年2月、会場:道頓堀ZAZA)−帝役(主演)
・ミュージカル「ズボン船長」
(2016年8月、会場:梅田芸術劇場シアタードラマシティ)
・ネオン街「音゛ル」
(2017年9月、原作:唐十郎「24時53分「塔の下」行きは竹早町の駄菓子屋の前で待ってる」会場:神戸大学野外特設ステージ)−5番(ある男)役
・東洋企画「安寿と厨子王」(2019年2月)−二郎役
・TAFプロデュース「幕末疾風伝MIBURO」−市村鉄之助役
(2019年7月会場:かめありリリオホール)
・「沙也可~海峡をこえた愛~」
(2020年10月、製作総指揮:倉科遼、会場:伝承ホール)
・BOW「舞台SABU 」
(2021年3月、会場:両国シアターX)−青木功之進役
・BOW「石川五右衛門」(2021年9月予定)

  • 声優・ダンス・イベント

―声の出演―
・京都造形芸術大学卒業制作作品「RPG」(2017年2月)−勇者役
・京都造形芸術大学卒業制作作品「ふたりとわたし」
(2018年2月)−わたし役
―ダンスー
・パプリカ「Herend hungary」(2017年7月)
・Super D「国際会議」(2018年2月)
・Super D「日本国憲法」(2019年5月、会場:d−倉庫)
―イベントー
・殺陣祭「士魂流水」(2020年11月)