桃果 2018年11月1日公開「ビブリア古書堂の事件手帖」篠川文香役

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。

店主の篠川栞子は極度の人見知りだが、ひとたび本を手にすると、
その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。
さらに彼女は優れた洞察力と推理力で、
五浦大輔が持ち込んだなつめそうせき夏目漱石の「それから」に記されたサインの真偽を解き明かし、
彼の祖母・絹子が50年前に”秘密の恋”をしていたと指摘する。

これが縁となり古書堂で働き始めた大輔は、日に日に栞子に惹かれていく。

だが、過去の出来事から本が読めなくなった大輔は、
同業者の稲垣が本を介して栞子と心を通わせるのを複雑な想いで見守るしかなかった。

そんな中、謎の人物が栞子が大切に保管する太宰治の「晩年」を奪おうとしていた。
その正体を探り始めた二人は、「それから」に秘められた絹子の恋の行方と、
「晩年」に隠された秘密がつながっていることに気付く。
しかもその先には、大輔の人生を変える”ある真実”が待ち受けていた。

公開日:2018年11月1日(木)全国ロードショー
出演:黒木華 野村周平 成田凌 夏帆 東出昌大

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平 松井香奈

20世紀フォックス映画×KADOKAWA共同配給作品
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

ビブリア古書堂の事件手帖

2018-10-22T15:57:23+00:00